手遅れになる前に!ハゲになる原因は白髪染めだった

市販の刺激が強い白髪染めを使用するとハゲる可能性が高まります(実際にハゲた人もいます)。当サイトでは白髪染めを使うと禿(ハゲ)になる原因をお伝えします。さらに!ハゲにならない白髪染めも紹介します。
MENU

購入前に知っておきたい!白髪染めをするとはげる5つの理由

白髪染めと抜け毛は実は深い関係が。。必ず知っておきたい関係性はこちらです。

 

染めることで髪が傷むから

染めることによって髪の毛は人工的な手を加えられたことになります。
自然の状態ではありませんから、はげる可能性もなくはないです。
トリートメントなどをしないとどんどん髪の毛が細くなり、次第に禿げるということになるのです。

 

 

ヘアケアをしないから

白髪染めをしてそのまま、という人はいないと思いますが、しっかりトリートメントしてからコンディショナーで栄養成分を毛髪にしっかり入れていかねば、髪はダメージを受けたままの状態になってしまいますから、ヘアケアをしなければ禿げるということになります。

 

 

市販の白髪染めを使うこと

市販の白髪染めにはジアミンという化学薬品が入っており、これがヒリヒリやかゆみの原因となるものなのですが、実は化学薬品は他にもたくさん市販の白髪染めには入っているので、市販の白髪染めを使うとどうしても頭皮につきますから、頭皮によくありません。
だからこそ禿げると言われているのです。

 

 

白髪染めを繰り返すため

頻繁に白髪染めを繰り返すことによって頭皮が痛み、髪の毛が細くなって地肌が透けて見えることがあります。
本当に禿げたわけではなく、髪の毛が細くなることで禿げたように見えるのです。
頻繁に白髪染めをしている人は要注意でしょう。

 

 

添加物が多いから

市販の白髪染めには添加物が多いです。
ですからどうしても添加物のせいで髪の毛にダメージを与えることになります。
ですから無添加のものやオーガニックのものを使うようにすると良いでしょう。
もし禿げが白髪染めが原因であるなら、インターネットで検索して、安全な商品を選びましょう。

このページの先頭へ
婚活の出会い